FXの相場の特性とは
FXは、通貨を投資銘柄として扱っており、その為替レートの変動を利用して2つの通貨の売買を行い、利益を求めていく投資取引になります。通貨を銘柄としているために、外国為替市場の為替相場が、取り引きでの重要なポイントとなっています。
FXで投資取引を効果的に行っていくためには、この為替相場の特性をよく理解していくことが必要になります。


まず、外国為替市場について知っておきましょう。外国為替市場は、市場となっていますが、青果市場などのように実際の建物等はありません。インターネットなどの通信網を経由して、銀行間や銀行と企業、個人などが通貨売買を行っているためです。この外国為替市場は世界中にあり、東京外国為替市場はもちろん、アメリカのニューヨーク市場、イギリスのロンドン市場、カナダのウェリントン市場や中国の香港市場まで、世界の主要都市に存在しています。
これらの市場が、通信網を通して連携しており、その時差のために24時間ずっと為替の取引は行われ続けるのです。

これはFXの大きな特徴の一つで、市場が開いている時間が9時から5時となっている株取引などとは違い、いつでも取り引きが行えるという事になります。
現在では、日本国内でも通信網が発達し、高速化、安定化も進んでいることと、モバイル機器などの性能が格段に向上していることから、時間と場所を選ぶことなく、投資取引を行えるという状況を作り出しました。
これにより、今まで時間に制限があった会社員の方や、隙間なく忙しくなってしまう主婦の方でも、より積極的に、より開放的に投資取引を行えるようになったのです。


このように、24時間いつでも取り引きが行える外国為替市場の相場ですが、いつも活況という訳でもありません。相場の動きが活発でチャンスを生みやすい時間と、停滞しがちで手を出しづらい時間帯とがあります。
相場が活発に動き出す時間帯は、日本時間で午後の8時前後から、翌日の午前3時前後の間だとされています。これは、外国為替取引額の1位と2位を占めているロンドン市場とニューヨーク市場が開くためで、東京市場は閉まっていますが世界中では活発に通貨売買が行われ、相場の動きも非常に活発になるために、FX取引の経験が深い投資家からは、掻き入れ時の時間帯だと言われています。

このぐらいの時間帯からであれば、日中の仕事が忙しい人にとっても、FX取引がやり易い状況になるでしょう。夜の時間を使って、じっくりと為替相場を見ながら、落ち着いた環境で投資取引が行うことができるため、非常に好環境だと思われます。とはいえ、連日忙しい場合もあり、そんなニーズにあわせてか、FXでは、予め定めたルールに則って自動的に取り引きを行うシステムトレードも人気を博しています。
例えば、翌日も早い時間の仕事があるのであれば、家に帰ってから為替相場の確認や分析、予測を立て、その戦略を取引ツールの自動システムトレードシステムに設定をして自動売買をさせ、翌朝に目が覚めた時点でその結果を確認して、また次の日の夜に戦略を立て替える。というようなルーチンで、投資取引を生活のサイクルの中に取り込むことができるのです。


いずれにしろ、外国為替市場は時間を選ばずに開かれており、またそのもっとも活動的な時間帯は、日本時間の夜から深夜にかけてである、という、このような相場の特徴を知っておくことで、よりFX取引を有効的にすることができますので、まずは、色々な時間帯の為替相場を覗いてみて、その表情の違いを自分で感じてみるのが良いかもしれません。